端数の扱いについて

商品価格の消費税計算において1円未満の「端数」が生じることがありますが 財務省では、端数の処理(切捨て、切上げ、四捨五入など)についての定めが無くそれぞれの事業者の判断に任せています。


そのような背景の中、一般的に消費税の計算における端数の処理は、切り捨てるケースが多く見られる為、当サイトでも「切り捨て」を採用しております。


尚、課税標準、納付税額等における消費税の端数計算については、国税庁の定めた方法がありますのでそちらをご確認下さい。


参考リンク

財務省
消費税における「総額表示方式」の概要

国税庁
消費税の課税標準額及び税額などの端数計算の方法